検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

タイトル

日本のワインで奇跡を起こす 山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで

著者名 三澤 茂計/著
著者名ヨミ ミサワ シゲカズ
出版者 ダイヤモンド社
出版年月 2018.7


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館資料番号資料種別請求記号配架場所帯出区分状態 在架
1 花畑0711603746一般図書588//開架通常貸出在庫 
2 江南1510859869一般図書588/ミサ/開架通常貸出在庫 

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2018
2018
588.55
ぶどう酒

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1001111147602
書誌種別 図書(和書)
著者名 三澤 茂計/著
著者名ヨミ ミサワ シゲカズ
出版者 ダイヤモンド社
出版年月 2018.7
ページ数 11,256p
大きさ 19cm
ISBN 4-478-10083-7
分類記号 588.55
タイトル 日本のワインで奇跡を起こす 山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで
書名ヨミ ニホン ノ ワイン デ キセキ オ オコス
副書名 山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで
副書名ヨミ ヤマナシ ノ ブドウ コウシュウ ガ セカイ ノ チョウテン オ ツカム マデ
内容紹介 日本産ワインの悪評をくつがえし、世界屈指のコンクールで最高賞を連続受賞! 山梨のブドウ「甲州」のポテンシャルを信じ、ブドウ栽培、ワイン造りに試行錯誤してきた父娘が、これまでの軌跡とそのときどきの思いを伝える。
著者紹介 1948年生まれ。山梨県出身。東京工業大学卒。中央葡萄酒株式会社代表取締役社長。
件名1 ぶどう酒

(他の紹介)内容紹介 1000年の歴史をもつ日本固有種のワイン用ブドウ「甲州」。今では、エレガントかつピュアな味わいが愛されていますが、糖度が上がりづらく、「ワインには不向き」とされてきました。父はブドウ栽培まで立ち返り、娘は海外で学んだ新たな栽培法や醸造法にトライするも、なかなか成果は上がりませんでした。ところが、父にとっては40年弱、娘にとっては7年の歳月を経て、ついに奇跡は起こります。変異した房があらわれ、このブドウを含めて醸造したワインは、世界最高峰のワインコンクール、で日本初の金賞を受賞。これは、苦難と焦燥、ときに喜びを分かち合う、ものづくりと家族の物語です。
(他の紹介)目次 第1部 成長前夜(“二流”の悔しさを忘れない
失敗が照らした新たなる道
貪欲に吸収する)
第2部 飛躍のとき(「夢」を追い続ける
新たな挑戦を恐れない
さらなる高みをめざして)
(他の紹介)著者紹介 三澤 茂計
 中央葡萄酒株式会社代表取締役社長。1948年、山梨県甲州市出身。東京工業大学卒。大手商社勤務を経て、82年に中央葡萄酒株式会社入社、89年より現任。83年には国内初となる勝沼町原産地認証ワインの第1号を醸造。2009年に海外展開を目的とした「甲州オブジャパン(KOJ)」の設立に尽力し、「甲州」という品種や産地の認知向上に貢献してきた。2014年に主力銘柄「キュヴェ三澤」で、世界で最も権威があるといわれるワインコンクール「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード(DWWA)」金賞を日本で初めて受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
三澤 彩奈
 中央葡萄酒株式会社取締役栽培醸造責任者。マレーシアのワインイベントを手伝った際、自社ワインを愛飲してくれていた外国人夫婦に感激し、ワイン造りの道へ。ボルドー大学卒業後は家業に戻り、シーズンオフには南アフリカ・オーストラリア・チリ等へ武者修行に出て新たな知見を吸収、ブドウ栽培や醸造を父・茂計とともに見直してきた。スパークリングワインやロゼワインなど新たな仕込みにも挑戦し、DWWAでは2014年以来、5年連続金賞を受賞するなか、2016年は欧州勢が上位を占めるスパークリング部門でも最高賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
堀 香織
 ライター/編集者。石川県金沢市出身。武蔵野美術大学卒。雑誌『SWITCH』の編集者を経てフリーに。現在は『Forbes JAPAN』ほか、各媒体でインタビュー記事を中心に執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目


目次

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。