検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、予約しているのは 0 件です。
  • 下にある「予約カートに入れる」を押すと予約カートに追加できます。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

タイトル

ブラックホールってすごいやつ 国立天文台教授が教える

著者名 本間 希樹/著
著者名ヨミ ホンマ マレキ
出版者 扶桑社
出版年月 2019.12


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録する本棚ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 請求記号 配架場所 帯出区分 状態 在架
1 やよい0811854264一般図書440//ティーンズ通常貸出在庫 
2 中央1217629086一般図書Y244//ティーンズ通常貸出在庫 

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2019
440 440
宇宙

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1001111278684
書誌種別 図書(児童)
著者名 本間 希樹/著   吉田 戦車/イラスト
著者名ヨミ ホンマ マレキ ヨシダ センシャ
出版者 扶桑社
出版年月 2019.12
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 4-594-08362-5
分類記号 440
タイトル ブラックホールってすごいやつ 国立天文台教授が教える
書名ヨミ ブラック ホール ッテ スゴイ ヤツ
副書名 国立天文台教授が教える
副書名ヨミ コクリツ テンモンダイ キョウジュ ガ オシエル
内容紹介 ブラックホールのゲップが銀河を作った? 世界初、ブラックホールの撮影に成功した著者が、摩訶不思議な“宇宙のなぞ”をユーモラスに解説。吉田戦車によるシュールな宇宙人もたくさん登場。巨大ブラックホールの写真も掲載。
著者紹介 1971年米テキサス州生まれ。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。博士(理学)。国立天文台教授・水沢VLBI観測所所長。専門は超高分解能電波観測による銀河系天文学。
件名1 宇宙

(他の紹介)内容紹介 ブラックホールのゲップが銀河を作った?ブラックホールのそばでは、時間が止まる。40年以上前、宇宙人にメッセージを送って怒られた人たちがいる。「ビッグバン」という名前は、悪口としてつけられた。天の川銀河とアンドロメダ銀河はいつか合体する。地球滅亡を阻止するためには、太陽をかきまぜる必要がある。思わず人に話したくなる…おもしろすぎる宇宙のトリビア!吉田戦車によるシュールな宇宙人がたくさん登場!世界初!ブラックホールの撮影に成功した著者が摩訶不思議な“宇宙のなぞ”をユーモラスに解説!
(他の紹介)目次 第1章 奇跡すぎる宇宙の話(宇宙の始まり―時間を138億年巻き戻したら、宇宙にあるすべてのものは同じ「種」にたどりつく
宇宙の膨張とビッグバン―ビッグバンの影響で、宇宙はまだ広がり続けている ほか)
第2章 偶然すぎる地球の話(太陽系の惑星―太陽系の惑星は、すべて同じ向きに公転している
地球の自転―地球の1日が24時間なのは、まったくの偶然 ほか)
第3章 ありえないブラックホールの話(ブラックホールの重力―ブラックホールがなんでも吸い込むのは、重力が強いから!
ブラックホールの吸引力―ブラックホールに吸い込まれるとき、モデル体型になれる ほか)
第4章 ロマンがありすぎる宇宙人の話(衛星エウロパに木星人?―「海」があるかもしれない星!木星の衛星・エウロパ
衛星エンケラドゥスに土星人?―「太陽系で一番白い星」といわれる土星の衛星・エンケラドゥス ほか)
(他の紹介)著者紹介 本間 希樹
 国立天文台教授・水沢VLBI観測所所長。1971年、米テキサス州生まれ、横浜育ち。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程を修了し、博士(理学)の学位を取得。専門は、超高分解能電波観測による銀河系天文学。特に、銀河系の構造研究と、巨大ブラックホールの研究。現在、巨大ブラックホールを事象の地平線スケールまで分解する、EHT(Event Horizon Telescope)プロジェクトに日本側の責任者として参加。2019年4月、EHTプロジェクトチームがブラックホールの撮影に成功(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目


目次

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。